日  誌
辺野古 阻止行動カンパ
カンパ報告の頁へ 

辺野古と共に!国会前座り込み
 国会座り込みの様子を毎日更新!!
 三里塚芝山連合空港反対同盟がホームページ

鈴木加代子さんのブログはhttp://blog.goo.ne.jp/suzuki-kayoko/

スケジュール
11/4(土)  『街』&『ノー・ベース辺野古』合同 
 11・5イブ ライブ&交流会 場所 「街」
11/5(日)
 10月の新曲
全国労働者総決起集会
 11月5日だよ

↑ クリックすると視聴できます
11/25(土)

星野文昭さんを取り戻そう 35年目の渋谷
で問う、沖縄−星野11・25全国集会

11月25日(土) 東京山手教会 
  午後1時開場渋谷公園通り    
    2時開会JR・地下鉄渋谷駅 
    5時閉会から300b     
 ◎講演 知花昌一 反戦地主/読谷村議
  −1972年沖縄本土復帰の内実を問う−
  「星野文昭さんは何のために闘ったか」
 ◎朗読劇 イノセント
 ◎歌と語り
   ◇午前10時〜星野文昭獄中絵画など展示
     07星野カレンダーなど販売
    主催/11・25全国集会実行委員会

2006年10月K
10月Jへ 10月Lへ

10月28日(土)
教育基本法・憲法改悪をゆるさない埼玉のつどい10・28大集会
さいたま市北浦和公園(JR北浦和駅西口から徒歩3分)
主催◆教育基本法・憲法改悪をゆるさない埼玉のつどい実行委員会
主催者発表で1.000人以上の人が集まりました
ハネやん弁当を食べます
集会の前に「ヨッシーとジュゴンの家」のライブ
CD、売れます
デモも盛り上げます
今日の「街」
出発するメンバーを見送るサギリちゃん。今日は人がいないので店員もします
昼食は引っ張りうどん 11・5は仕事だけど、8人の人に交代を
頼みました…もし交代要員がいなかった
ら、「仕事を辞めます」の決意


夕食は牛丼用の肉を使った
スキヤキ。

肉を1.6キロ買ったけど、

半分ぐらい残りました。

デザートはアイス
「街」は体力的にヘロヘロですが、あと一週間、気迫で頑張ります
「街」の食事は、昼食300円、夕食400円、予約すれば誰でも食べられます
「ゼネスト」 必ず一緒に行く 民主労総 ホームページより
'http://strike.nodong.org/bbs/tb.php/news/10 
トラックバック住所 : http://strike.nodong.org/bbs/tb.php/news/10  

全国はゼネスト賛否投票中...各会議+現場巡回で決意集めて

民主労総が 11月15日ゼネスト組織化闘い指針を確定して,指導部が全国現場を歩き回って下半期闘い組職に出たの中加盟組職たちも徐徐に闘い用意に出ている.

民主労総ゼネスト度に先鋒隊役目を引き受けて来た金属産業連盟は今度にも私は組合員のゼネスト参加のために拍車をかけている.金属産業連盟は 10月30日から 11月3日まで集中してゼネスト賛否投票をする.

賛否投票の時は簡単な中食集会などストライキを決意するプログラムを必ず一緒に実施するようにした.このために現在連盟と金属労組指導部全体が現場を回って労組(支部) 代議員大会,懇談会などを開いてストライキ決意を導き出すことに力を注いでいる.

今度現場巡回は 10月27日まで仕上げて,引き続き 11月11~12日全国労動者大会に全体組合員の 25%である 4万名以上上京を組織するために指導部が 2次現場巡回に出る.10月23日からはゼネスト雰囲気を高めるために事業場別でサングジブガンブドルが帰って徹夜座り込みをしている.

化学纎維連盟はゼネスト賛否投票とともに未転換労組たちの産別転換投票を一緒に進行している.このために連盟指導部は現場巡回を続いて民主労総指針によったゼネスト準備過程を踏んで行っている.特に 11月3日まで賛否投票を仕上げる予定である旅愁地域には連盟組合員たちが集中されていて今度闘いの主力で立てるという方針だ.

公共連盟は 10月28日公共部門不正規労動者大会とゼネスト決意大会を相次いで開いてゼネスト決意を高める.連盟は 10月23日から 11月18日まで産別転換総投票も一緒に進行するのに,特に鉄道労組が 11月12日から 14日まで産別転換投票とストライキ賛否投票を同時にして,ストライキに突入するという日程を明らかにして注目される.

事務室閉鎖など類例ない労組弾圧に対立して手に負えない闘いをしている公務員労組は 11月1~2日に賛否投票を進行する予定だ.しかし政府の極甚な邪魔策動が予想される中に,11月8日頃中央委員会で民主労総ゼネスト結合方針を論議する.

全教組は 10月27日から 28日まで分会長早引き闘いと結合した 1泊2日上京闘いをする.引き続き 10月30日から 11月3日までゼネスト賛否投票を進行して,11月20日頃 1万名参加を目標にした中央集中恋歌闘いをする.

大学労組は 10月27日総連盟指導部が参加した中に中央委員会を開いて下半期闘い決意を集めた.労組は 10月28日全教組とともに教育主体決意大会を開いて 11月1~2日二日間賛否投票をするなど民主労総指針に従い下半期闘いを準備の中だ.

建設産業連盟は 10月20日代議員大会で下半期闘いを決意したのに相次ぎ 10月末までゼネスト賛否投票をする.特に建設運送労組ダンプ分科とレミコンブンとはファムルトングズンウィと共同でゼネスト闘い企画チームを構成して実質的なゼネスト組職に出た.これらは 10月13日から全国支部別で拠点宣伝戦を着なのに引き続き 23日からは民主労総特別高校用対策回の次元で全国巡回闘いをする.ダンプとレミコンブンとは 11月12日ストライキに突入するという方針だ.

保健医療労組は 10月30日から 11月3日まで集中してゼネスト賛否投票をする.もう 19~20日代議員大会でゼネストを決意したし 11月8日国会の前で大規模集会を開いて 911野合を反対するという意味で 119人集団坊主頭式を行われる.

サービス連盟は 2007年 2月産別転換を決意した中に 10月に産別転換とゼネスト組職のための現場巡回懇談会と教育に集中した.11月3日まで賛否投票を集中的に進行する予定であり,10月25日には単位労組代表者会議でゼネスト決意を集める.

事務金融連盟も 10月18日代議員大会を開いて下半期闘いを決意してゼネスト組職に拍車をかけている.

民主タクシー連盟は 9月末まで現場巡回を完了して 10月25日から 3日まで賛否投票をする.民主バス労組は 11月1~2日産別転換投票と竝行してストライキ賛否投票をする.

女性連盟も 10月17日からストライキ賛否投票を始めた.地下鉄正月,地軸,倉洞事業場ではもう 10月9日からストライキをしている.

IT連盟は業種特性をいかしてインターネットで賛否投票を進行する一方民主労総ストライキ期間にサイバー闘い実践団を運営する予定だ.
1人の「障害者」として訴えます(怒りネットの視覚障害者からの訴え)
 この10月から自立支援法が本格実施され、私自身の上にも、全国の「障害者」の仲間達の上にも、とんでもない苦しみが襲いかかっています。全国各地で「障害者」の悲鳴とともに、「いったい国は、障害者のことをどう考えているんだ」と言う、不安や怒りが噴出しています。

私達が自立支援法の成立前から行ってきた厚労省や自治体との交渉の場でも、行政は異口同音に「財元がない」の一点張りでした。

 この7月に決まった「骨太方針06」について、政調会長に就いた直後の昨年11月9日、中川氏は東京・赤坂の小料理屋で首相と向き合った。

 「歳出削減7割、増税3割でないと財政再建は成功しない。相当思い切ってやらないと難しい。徹底的にやります」(現自民党幹事長・中川秀直)と述べており、ある財務省の幹部も「社会保障での1.6兆円の削減は、社会保障をめったやたらに切らないと実現不可能だ。まず基礎年金国庫負担分引き上げの財源として1回増税、その後も社会保障をまかなうために増税せざるを得ないだろう」と語っています。

 国は社会保障のためのカネは保険方式に変えると決めておきながら、「福祉目的税」などと民衆をだまして増税すると言っているのです。そして、御手洗・日本経団連新会長はもっと露骨に、「さらに、高齢者やハンディを負った方々のために、安心できるセーフティネットを、NPOやボランティアの方々の力も最大限に活用して整備し、」(希望の国)と言っています。

 政府・財界は、ほんとに金は出さないし、いっさい責任は取らないから、「障害者」はのたれ死にしようが知ったことではないと言っているのです。

 それだけではありません。これまで政府・財界ががっちりと軸に座って「安楽死・尊厳死」法制定の動きが進んでおり、すでに100名を越す国会議員からなる「尊厳死法制化議員連盟」が作られていて、次の国会では法案が出される動きになっています。法制化をめぐっては「さまざまな新薬や人工呼吸器などが発達して重症の患者の延命が可能になるに伴って延命そのものが過大に目的とされるようになったことも否めない」。「人間を人間たらしめるものは精神的活動である。」と、とんでもない差別の論調が連ねられています。

 そして、本年9月、ついに、安倍首相が、「1ヶ月終末期医療を短縮すると9000億円の財源が浮くことをふまえて終末期医療は見直していかないといけない」と公然と言い出しました。

 1934年、ワグナー保健相は次のように講演している
 「遺伝病に苦しむ人々によって生じる経済的負担は、国家および社会に対して危機を醸成しております。二百万人のアル中患者と約四百万人の精神病患者の出費を除外しても、彼らの看護に充当するためには、全部で三億百万マルクの出費が必要であります。問もなくあらゆる国々は、その国力が国民の精神と血液の純粋さに存することを理解するであろうとわれわれは確信するしだいです。平穏
な生活の唯一の保証は、血と血を区別することにあります。われわれは、みずからの生存にとってもまた他人の生存にとっても危険な狂人や、自分のからだを清潔にしたり、自分自身で食べることもできぬ白痴が、多大の努力と莫大な出費をひきかえに育てられ、扶養されることは、意味がないと考えます。自由な自然においては、これらの被造物は生存することができず、神の法によってせん滅され
るでありましょう」」と講演しています。

 今進んでいる一連の「障害者」への動きは、ナチスが行った事とどこが違うと言うのでしょうか。そして、肝に据えなければならないことは、ナチスが、侵略戦争の開始と同日に、それまでにもまして大々的な「障害者」抹殺にふみきったのです。侵略戦争に突き進む政府は、「障害者」抹殺も激しく進めると言う事なのです。

 私達が必死で生きようとしている21世紀のこの日本で、今、政府が「障害者」にやろうとしている事は、ナチスが行った「抹殺への道」の準備過程そのものではありませんか!

 私達は、政府の本性を見抜いて、1ミリも妥協する事なく、政府・行政と対決して行かなければなりません。

    「日米の臨検から北朝鮮への侵略戦争が始まる」
 今や、核を持った国で周りを囲まれている北朝鮮が行った核実験をチャンスとばかりに、日米による侵略戦争の動きは、一気に緊迫化しています。私達は、すべての核に反対する立場から、北朝鮮の核実験も容認できませんが、より以上い、地球を1万回も破壊できる核を持ち、インドやイスラエルの核は推進している米国、その下でもっとも突出した動きをしている日本政府を認めることはできません。

 日本海の全域で、駆逐艦や攻撃用ヘリによる船舶の臨検が始まろうとしています。ここから戦争が始まることは、歴史が教えています。そうでなくても、臨検は確実に北朝鮮を締め上げて、一か八かの冒険主義に追い込むことは確実です。早くも「否核3原則は見直すべき」と言う、政府・閣僚の発言が飛び出しているではありませんか!

 私は、これに立ち向かう「改憲阻止!11・5労働者集会」に、みんな参加して欲しいと訴えます。ここに「障害者」の未来がかかっているからです。

 屈服した労働者が差別・抹殺の担い手、戦争の担い手に転落するのか、それとも差別に立ち向かい「共に生きる」仲間なのかは、介助無しには生きられない「障害者」にとっては死活問題です。それだけに一方で、第2次大戦では、「障害者」の戦争犯罪人を生み出してもきたのです。

 今、このとき、ストライキで真剣に闘う日韓米3国の労働者が、国境を越えて団結して、政府に立ち向かって行こうとしているのです。差別・抹殺から他民族の殺戮へと膨張する政府・支配者に、「障害者」の命がけの抵抗をたたきつけてやろうではありませんか!その姿は、絶対に人の心を打ち、社会を揺るがさずにはおきません。そして、「障害者」や労働者が主人公に位置付く社会を、がっちりとしたスクラムでこじ開けて行きましょう!

 「北朝鮮に対する日米の日本海開戦から世界戦争への道を阻止しよう!」
  「改憲阻止!11・5日比谷、1万人集会に集まろう!」

横田空域、大幅返還へ 週内にも米と合意

朝日新聞 2006年10月22日(日)20:20

 在日米軍再編に絡む米軍横田基地(東京都)が航空管制している横田空域の一部返還問題で、羽田、成田両空港を発着し西日本などを結ぶ旅客機の「障壁」となっていた空域南側の大幅返還が実現する見通しになった。日米の実務者協議における米軍側の協力で対象空域の概要が決まったもので、今週開催予定の両国の民間航空分科委員会で最終合意する。

 関係者によると、返還されるのは空域南側の一部。空域の都心寄りの高度が現在の約3700メートルから約2400メートルに下がり、そこから天井部にあたる高度約5500メートルまでの空域が階段状に幅広く返還され、日本側が航空管制を行う。

 この結果、同空域を避けるために東京湾上空で急上昇して上空を飛び越えるか、遠回りしていた羽田、成田発着の西日本、九州、北陸方面便はより短い経路を飛べるうえ、緩やかに上昇、下降が出来るので燃料の節減につながる。

 国土交通省の過去の試算によると、西日本方面から羽田には1日約240便が同空域を避けて飛行しており、返還によって飛行時間を約9分、燃料を約10%節減できる。1日約190便の西日本方面行きも約3分の短縮と3〜4%の燃料削減になる。航空関係者は今回の返還で乗客の利便性も増すと期待している。

 横田空域は伊豆半島上空から新潟県上空の1都8県に広がり、最高高度は北側約7000メートル、南側約5500メートル。民間機は事前に米側と調整すれば飛行可能だが、実際はほとんどが避けており、限られた飛行ルートのため混雑を招いていた。

 09年目標の羽田空港の4本目の滑走路新設で発着数が1.4倍に増えることなどで、混雑解消が課題となっていた。国交省は飛行ルートの複線化を検討する。

横田空域の返還 のホームページから
横田空域ってなに? 矢印 横田空域が返還されると
広大なエリアに広がっています
Star需要に応じた空域の再編が可能になります!
  東京の西の空には、1都8県にまたがる広大なエリアに米軍が管理する「横田空域」が広がっています。
   ※東京都、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県
飛行ルートの設定の障害となっています
Star新たに多様な飛行ルートを設定することができます!
  横田空域は、米軍が管理しているため、民間航空機が飛行ルートを設定する際の障害となっています。現在、羽田空港から西日本方面へ向かう路線の多くが横田空域を避けて飛行しています。 矢印
航空路の過密化を招いています
Star首都圏の空の過密が緩和されます!
  飛行ルートが制約を受けている結果、航空路の複線化や新設が制限され、航空路の過密化を招いています。 矢印
 今後、首都圏の航空需要はますます増大することが見込まれます。
 空の安全と民間航空の円滑な飛行を確保するためには、横田空域の返還により、首都圏の空域を再編成し、我が国が一体的に管制業務を行うことが不可欠です。
 東京都は、「横田空域及び管制業務の返還」を、国などに対し強く働きかけています。
横 田 空 域
横田空域  横田空域は、東京西部から新潟県、八ヶ岳付近、伊豆半島に及ぶ1都8県に広がっています。

※1992年(平成4年)に、横田空域の一部が返還されています。
首 都 圏 の 管 制 区 分
首都圏の管制区分   首都圏の空は、東京進入管制区、成田進入管制区、横田空域など、複雑に分かれています。
男の子 横田空域は通過できないの?
  横田空域は、米軍の管制下にあるため、米軍の許可を得れば民間航空機の飛行は認められます。

  現在、羽田から大阪を除く西日本方面に向かう航空機の多くは、横田空域を避けて上空を飛行しています。横田空域の上空を飛行するためには、東京湾上空で旋回して高度を上げる必要があり、航空燃料や時間のロスなど民間航空機に不効率な飛行を強いています。

10月27日(金)
国会闘争 速報

国会闘争速報 2006年10月28日 第10号■
◎教育基本法改悪阻止! 共謀罪制定阻止! 11.5労働者集会の1万人結集で安倍政権を倒そう
 
kokkaitousou@yahoo.co.jp にアドレスを送ってください。連日、「国会闘争速報」をメールします。
 
 全国労組交流センターです。「国会闘争速報」を連日発行します。A4判のビラ形式のPDFファイルを添付しました。ご活用ください。《転送・転載歓迎》
 
「教基法改悪も共謀罪も廃案に!」
ハンスト団と北教組先頭に早朝から座り込み
 9日目の27日は5名のハンスト団でたたかわれた。東京の被処分者と東京教組の2名、千葉から佐倉市議の工藤さんほか計3名。昨日から残った北海道教組250名も、早朝から国会前で座り込みを開始。共謀罪反対の共同行動も横断幕を広げて陣取り、加えて建交労も座り込みに入った。朝早くから500名をはるかに越える座り込み部隊が国会前を制圧した。

 9時過ぎから北教組の集会が行われた。各支部から「支部総勢560名のうち190名が本日の行動に立ち上がっている」「人も予算も使い果たすまでがんばる時」と、渾身の決意や報告が全体を鼓舞した。北教組は11時に議員要請行動へ切り替えた。

 12時から反戦共同行動委員会が集会。全学連の織田委員長がマイクを握り「核実験を口実にして戦争をやろうとしているのはブッシュと安倍だ。だが戦争なんて労働者が拒否して立ち上がったら止められる。動労千葉のように闘おう」と訴えた。全国から駆けつけた労働組合、住民・学生団体から発言が続き、11・5労働者集会への総結集が呼びかけられた。

 正午をすぎると日教組の組合員が集まってきた。自主的あるいは単組決定での独自の座り込み部隊もある。都高教、三浦半島教組をはじめ神奈川、長野、愛知、三重、大分、鹿児島など。総勢80名を越え、本部方針の倍以上だ。ハンストの激励・支援に訪れる人も増え、ハンスト団の周りも賑やかだ。
 13時30分からは共謀罪反対共同行動の集会。実は現局面こそ共謀罪強行採決の危機にあること、共謀罪と改悪教基法は一体で労働運動を解体する大反動であり、大衆行動を今こそ強めねばならないことが訴えられた。

 15時前からハンスト者が次々発言。被処分者のIさんは「本当の決意をしなければならない時がきた。都教委と石原が東京の教育をぶっ壊した。改悪法が戦争の前哨戦だ」と決意を語った。16時から座り込んだ東京教組も集会を行い、18時に全体の行動が終了した。
 
防衛省=日本版「国防省」設置法案が審議入り (27日)
 27日の国会では、対テロ特措法の1年延長が成立しました。さらにこの日、防衛省法案が衆院で審議入りしました。防衛庁を「省」に格上げするとともに、海外派兵を自衛隊の主任務に位置づけるものです。これは「国防省」の設置であり、軍部が再び昔のように政治の実権を握る道を開きます。また安倍首相は日本の核保有について27日都内で講演し、「議論は封殺できない」と発言しました。この安倍政権を国会闘争の爆発で倒そう!
 
国会前のみなさんへ熱い連帯を込めて
 非常事態宣言下の日教組緊急中央集会に、最高責任者の森越委員長が何と「海外出張」で欠席! 戦後最大の攻撃の前で、陣頭指揮を取って闘いの最先頭に立つどころか、信じられない裏切り行為を行った本部に対して、私たち広島の教育労働者は壇上に駆け上がり、命がけの弾劾行動に決起しました。

 森越委員長! 30万組合員を見捨て、海外の会議に出かけている場合なのか! 職場の矛盾をいったん後に回してでも駆けつけた、組合員の思いを何だと思っての行動か! 委員長はハンストを国会前でしている仲間たちの先頭で座り込んだことが一度でもあるのか! 勤評闘争の時に高知県の組合員が「勤評反対のストライキに入るのか否か」と地域反動に一人一人つるし上げられ、石をなげつけられた。そのとき当時の小林委員長は現場に駆けつけ、頭を血だらけにして組合員を守り、頭に包帯をまいて全国オルグに回った。この精神は森越委員長にはないのか! 主任制反対一日ストライキを闘おうと全国に檄を発し、先頭で闘った槙枝委員長の魂はどこへ行ったのか! 広島の私たちは怒っています! 何としても裏切りをのりこえ、1万人のこの力をさらに教基法改悪粉砕へ! 連休前の強行採決を許すな! 全国ゼネストを! その勢いで11・5集会へ! そして11・6国会前座り込みで廃案へ! 安倍内閣を打倒して、子どもたちを守ろう! 教え子を再び戦場に送るまい! 教育労働者の団結万歳!
 2006年10月27日
 広教組高須小分会 金平久美子

国境をこえ、党派や上部団体のちがいをこえて11・5全労働者の団結で戦争国会をつぶそう
◎社会の主人公としての誇りを取り戻すための集会
 戦争と格差拡大、社会保障の剥奪など諸権利の解体が、労働者を激しく襲っています。とりわけ青年労働者は、その多くが非正規雇用と極端な低賃金を強いられ、夢も希望も奪われていっています。その上に今や、黙っていたら戦争にかり出される時代が始まったのです。11・5労働者集会は、闘いを放棄した既成の労働運動指導部のもとで忍従を強いられてきた労働者が、自ら立ち上がり、奪われてきた団結を回復して、社会の主人公としての誇りを取り戻すための集会です。そして労働組合の闘う力をよみがえらせ、戦争と改憲の安倍政権を打倒し、この社会を根底から変革する第一歩を踏み出すための集会です。ぜひとも結集しよう!
11・5全国労働者総決起集会
改憲・戦争と民営化=労組破壊に立ち向かう労働者の国際的団結を
◎11月5日(日)日比谷野外音楽堂・正午開会
◎海外からのアピール
韓国から 民主労総ソウル本部
アメリカから ILWU(国際港湾倉庫労組)AMFA(ノースウエスト航空整備士労組)
◎「日の丸・君が代」不起立被処分者の発言
◎呼びかけ 全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部 全国金属機械港合同 国鉄千葉動力車労働組合
 
■教育基本法の改悪をとめよう!11・12全国集会
11月12日(日)日比谷野音 13時開場 13時半開会 15時半デモ出発
◎主催 教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会
◎呼びかけ人 大内裕和(松山大学) 小森陽一(東京大学) 高橋哲哉(東京大学) 三宅晶子(千葉大学)
 
「国会闘争速報」 発行:全国労組交流センター
 東京都台東区元浅草2-4-10 五宝堂・伊藤ビル5F TEL 03-3845-7461 FAX  03-3845-7463
今日の「街」
民主労総ソウル本部訪日団(20名)決まる

<民主労総ソウル本部>
キムチャンソプ/副本部長、団長
イナムギョン/事務処長
ハニョク/対外協力局長
キムヒョンソク/組織次長

<民主労総ソウル本部東部地区協議会>
ソガンボン/地区協議会議長
ユジニョン/地区協議会組合員

<長期闘争事業所(長期間争議中の事業所)>
チョヨンジン/公共連盟 建設エンジニアリング労組 トウエンジニアズ支部・組合員
キムヘジン/金属労組ハイテクRCDコリア支会・支会長
チョンウンジュ/金属労組ハイテクRCDコリア支会・組合員
キムヘンナン/金属労組南部地域支会キリュン電子分会・組合員

<ソウル地下鉄労組>
チョンスンギ/ソウル地下鉄労組チャンドン支会・支会長
アンジェソン/ソウル地下鉄労組シンジョン支会・組合員

<全国公務員労組>
ソウォンソン/ソウル本部・副本部長
オヒョングン/ソウル本部・組織局長
イジョンシク/ソウル本部城東区支部・財政部長

<律動牌(文化宣伝隊)丹風(タンプン)>
ミンサウォン/学生、リーダー
ヤンボウン/学生
ウィソンゴル/学生
チョミンギュン/学生
チェチョルン/学生

アメリカ訪問団(16人)
ILWU
Local 10

Clarence Thomas執行委員
ditto Delores Thomas
Local 34
Keith R. Shanklin執行委員r
Kathy Shanklin
Juan Del Poso
Local 19
Todd R. Weeks
John Griffin
Local 52
Michael Hoard
IBU
Joel Schor

AMFA
Local 9
Joseph Prisco委員長
Maria Arevalo
John Reneer
Janice Reneer
Local 33
Ted Ludwig/委員長

AMFA本部
(航空整備士労組本部)
Douglas A. Butz/財政部長

BLE&T
(機関士・列車乗務員労組 )Local 582
Paul C. Jensen

■ブッシュ政権の労組破壊と闘う
ILWU(国際港湾倉庫労組)



■1年を超えるストライキを闘う
AMFA(ノースウエスト航空整備士労組)

全労働者の団結で、民営化−非正規雇用化−労組破壊攻撃をはね返そう! 
 労働契約法−8時間労働制の解体、倒産・解雇・賃下げを許すな!
 社会保障制度の解体−大増税を阻止しよう!

全労働者の団結で、教育基本法改悪、国民投票法制定−憲法改悪を阻止しよう! 

全労働者の団結で、戦争への道を止めよう!
 沖縄をはじめとした全 ての基地撤去、「新世紀の日米安保」を打ち砕こう!
 「日の丸・君が代」不起立闘争を先頭として、戦争協力拒否の闘いを職場からつくりあげよう !

全労働者の団結で、連帯労組関西地区生コン支部への不当弾圧をはね返そう! 
   団結権・団体行動権を守りぬき、労働運動・反戦運動への治安弾圧攻撃をはね返そう!
  共謀罪新設を阻止しよう!

全労働者の団結で、鉄建公団訴訟に勝利し、国鉄1047名の解雇撤回をかちとろう!
  民営化・規制緩和の帰結=JR尼崎事故を二度と許すな!
   動労千葉の安全運転闘争を支持し共に闘おう!

全労働者の団結で、国家主義・排外主義の台頭と対決し、
                  労働者の国境を越えた連帯と共同闘争を発展させよう!

全労働者の団結で、改憲と戦争に突き進む安倍反動内閣を打倒しよう!



10月Jへ 10月Lへ
2006年 「街」日誌へ









inserted by FC2 system